株 暗号資産 金融 不動産 お金 仕事 考え方 ブログ

【値上げラッシュ】悲観するな、逆にチャンスだ。お金を失う危機感があなたを上へ引っぱる[②]

    
\ この記事を共有 /
【値上げラッシュ】悲観するな、逆にチャンスだ。お金を失う危機感があなたを...

さて、

前回に続き、この記事はパート2になります。

パート1をまだお読みになっていない方は、こちらの記事から読むようにしてください。

1からちゃんと読んでね。

ルルのペット

かんたんにおさらいすると、以下の3つの内容を伝えてきました。

  • 危機感がないことに対して人は行動できない
  • “いま”不都合がなければ問題は起きていないと考えてしまう
  • 人はデフォルトとして“何もしない”が設定されている

そしてパート2では、いま途轍もなく急速に進んでいる「円安」「値上げ」が、どれだけあなたの生活に影響しているか?について、

徹底的に”当事者意識”を擦り込んでいきます!

もしあなたがまだ「何もしない」側の人であるならば、これをキッカケに「何かしている」勝ち組の側になりましょう。

それが自分や家族、周りの人の幸福に繋がります。

  • やらなきゃいけないことを先延ばしにする
  • 問題を見て見ぬフリをする
  • 自分には関係のないことだと他人事にする…

負け組の人たちはそうやって多くのエネルギーを無駄なことに費やし、多くの利益を取り損ねています。

あとで取り返しのつかないことになって慌てて何をしてみたところで「遅い」というのは致命的です。

利益を得られないどころか、悪い言い方をすれば「勝者の食物」になるわけです。それは何か特定の市場に参加していなくても同じような結末になります。

だって私たちは「経済」という大きなマーケットに強制的に参加させられている身なのですから。

知らないうちにお金が減ってるなんて、一番バツが悪いですよ。

家庭がある人は家族から責められても、ぐうの音も出ないですよ。

これだけアラートが出ているなかで、情報のアンテナを一切立ててない、圏外みたいな人は、それこそ情弱の極みです。

こういうことを知らないでは済まされないし、ちゃんと学ばないと自分の家族に迷惑をかける時代ですからね。

預貯金をしっかり持っているから大丈夫と思っていると、これからどんどん困りますから、ここで正真正銘の当事者意識を持ってもらいたいと思います。

では参りますよ。

マジで、今から、意識変えて、行動しないとヤバいくらいインパクトがある事象が

「値上げ・円安」です。

パート1に出てきたこの記事のネタ元になったとも言える友人は、「値上げ(インフレ)」に対して危機感を感じた。消費の負担が増えたことで最近の経済事情が自分事になった。→そのことをキッカケに彼の内で変革がはじまりました。

  • その日に証券口座の開設を申請しました。
  • これから開設が終わり、資産を回す準備に入っていきます。
  • 私が先生代わりになって、彼はいま猛烈に勉強してます。

資産を守りつつ増やすために、めちゃくちゃ行動しまくっています。

資産と聞くと、ある程度まとまったお金のように思うかもしれませんが、持っているお金のすべてが資産です。だから50万円しか今貯金がないよって人も、自分には関係ないことにしないでくださいね。

でもまだまだ周りの人たちに聞くとね、

「なにもしてない」と答える人が多い。

人間って面倒くさがりなんですよ。

面倒くさがりなんだけど、結局、やるときが来たらやるんです。

ただ、物事を始める手がかりが既にあるにもかかわらず、どこか他人事のようにしてしまったり、現状に問題なければ何もしないとか、事態が深刻化してはじめて「いい加減、やらなきゃヤバい!」と焦りはじめるとか…将来のリスクのために動けない人が多すぎるんですよ。

そうやってチャンスを次々に逃すどころか、損していることを自覚してくださいってことを伝えたい。

心配の9割は起こらないって言ったりしますけどね、明らかな兆候があるものはまた別ですからね。

仮想通貨が世に出てきた。円安・インフレと言われてきた。物価は上がるけど給料が上がらないから副業をしなさいと言われてきた。自分には関係ないと思っているうちに手遅れになってます。あとでやればいいと思っているうちにチャンスを失ってます。お金を失ってます。

実態としてわかりにくいのが、円安ですね。

数字にひよってる奴いねえよなあ!?

ルルのペット

お金取られたわけじゃないですから失った感覚がある人は少ないです。いまから10年前の2012年、1ドルは=78円でした。ところが10年経って日本円の価値は2/3以下になりました。(43%減少)

78円を出せば1ドルと交換できていた。なのに今は137円出さないと1ドルと交換できないんですよ。これを、ドルに対して円の価値が下がった=円安になったと言います。

まあ1ドルだけ欲しい人はあまりいないと思うので、もうすこし実感しやすいように単位を上げてあげると、

あなたがハワイ旅行に行きました。現地で遊ぶために1万ドルに両替しようとしています。2012年のときは1万ドル欲しいなら78万円を出せば交換できていた。なのに今は137万円出さないと1万ドルと交換できないんですよ。10年前と比べると59万円も多く払わないといけない。

なぜなら、円の価値が下がったからです。

逆に向こうのアメリカ人からしたら、10年前は1万ドル出しても78万円しか受け取れなかったのに、今は137万円も手に入るわけです。円に比べてドルのほうに価値がふれた=ドルが高くなった=ドル高(円安)ということですね。

銀行にある100万円の貯金が、数字上は変わっていなくても、10年経って価値が57万円に減ったということです。銀行にただ置いているだけで43万円失ってます。1千万円なら−430万円、1億円なら−4300万円。

これはやべえですよね。

(追記:7月15日、139円に急落。約24年ぶりの水準になりました。)

これが何を表しているかというと、今までよりも、より多くのお金を払って物を買わないといけなくなるってことです。買えるものが限られてくる。

海外からモノを輸入していたり外国から原材料を調達している会社は、より多くの日本円を払わなければなりません。

それがコストアップになり価格に転嫁されます。物価が上がることをインフレと言いますね。そうなると例え1,000万円、1億円の貯金があったとしても円の価値は目減りしていくことになります。

それが家庭に大打撃ってことです。

ただ値上がりしてるだけじゃないんですよ。

あなたの持っているお金の価値も減っているんですよ。

その現実をしっかりと受け入れましょう。

それでは、これより危機意識-埋め込みゾーンに入ります。「へえ、そうなんだ」「まあ何とかなるでしょ」と平和ボケしている感覚から目を覚まして、マインドシフトしてください。他人事→自分事に変えて、行動しなければ!という焦燥感をいい意味で持ってもらいましょう。あなた自身の将来のために。そして家族を困らせないために。

値上げラッシュ

値上げは今に始まったことではありません。上のニュースの切り抜きは今年の1月のものです。さらにここから2回目、3回目と値上げ額を更新しています。

そして7月→8月→9月と食品、衣料品、ティッシュペーパー、洗剤、自動車などの値上げが予定されています。8月からは電気料金も上がりますね。東京では30%以上の値上げです。円安によるインフレはこれから本格的に私たちの生活にダメージを与えてきます。

(品目リストを作ってみました↓ 毎月の自分の支出がどれくらい変わるかをエクセルで乗じて計算するために作ったものです)

住宅設備関係もどんどん値上がりします↓

結構ダメージ大きいですよね。塵も積もれば山となりますし。値札にあるように目に見える値上げなら「あ、値上げされたんだな」と分かります。ところがこういうパターンがあるのも知ってますか?

「なんか量が減った気がするぞ…少なくなった?」
そう感じたことありませんか?

ちょっと調べてみましたら…

ステルス値上げされている。

ポテトチップスうすしお
2002年 107g
2022年  80g

柿の種
2007年 260g
2021年 190g

コアラのマーチ
2001年  62g
2022年  48g 

マジで中身が減ってました。このように内容量を減らして実質的に値上げすることをシュリンクフレーションと言います。知らぬ間により多くのお金を払わされているのですよ。あまりに値上げがすぎると購買量が減ってしまうので、ステルス値上げは日用品などにも波及していきます。

百円寿司も終わり、百円ショップも限界寸前です。

でも、給料は30年変わらない。

悪性インフレで今後、物価が2倍〜3倍になることもありえます。マクドナルドに行けば最低1500円、ラーメン1杯2000円になるかもしれない…

《賃金上がらず、物価高で、国民が貧乏に…》

アップルのiPhone13を手に入れるのに必要な労働時間、知ってましたか?

各国の月給をもとに計算したところ…

日本では”72時間”働く必要があります。

一方で、端末価格が日本よりも高いはずのオーストラリアやデンマークでは”60時間”という結果になりました。

日本の買う力が弱い…

日本の貧困が加速しています。

いちばん安いモデルのiPhone13で”19%”の値上げです。iPhoneだけではなくアップル製品すべてが値上げです。これは他の携帯メーカー、家電にも影響していきます。いちばん高いハイエンドモデルは”27.5万円”まで値上がりしました。携帯1台30万円するような時代ですよ?

こんな調子なら冗談抜きで軽自動車は300万円〜になる時代が来るかもしれません。

同じ商品でもこんなに価格がちがう↓

かの有名なビッグマック指数。国の経済力がわかる世界共通の指数です。ビッグマックの値段は日本では390円なのに対し、米国では約650円です。

ビッグマック指数を価格にあらわすと「日本円」は先進国のなかで最も安い通貨です。

ホッケ6000円、もやし400円とかドン引きですよ…これでは外貨を持ってない人は海外旅行にいっても貧乏旅行になってしまいます。

反対に、なぜコロナ前は海外からの観光客が多かったのでしょう?その理由は、日本が安いからです。10年前は物価が安いから「東南アジア安いね」って旅行に行ったり遊び回ってた時代がありましたけど、もう逆の立場になっているってことです。東南アジアが「日本安いね」と。

パンとコーヒーで2500円以上……。こりゃ海外旅行のハードルは爆上がりです。日本人が海外旅行にいってもお得どころか、ご飯から宿泊費から、何から何まで高くてしんどい思いをする時代です。

円しか持っていないのは非常にまずい…

これ、企業も同じですからね。海外からモノを輸入している所はより多くの円を出さないといけない、これが値上げになりますからね。

ここで「アメリカのほうが物価高いじゃん」「日本は安くてサイコー!」と言い出す人もいるかもしれませんので、一応言っておきます。

アメリカのサラリーマンの平均年収は「1000万円」です。

日本リーマンの平均年収は430万円です。これが世界との格差。

以下のグラフを見てください。
30年間、賃金が上がらないのが日本です。

そろそろ自覚してきましたか?
日本人は貧乏まっしぐらなんですよ?

これが現実です。

衝撃!日本の部長職の年収はタイよりも低い。しかも高齢。

目を背けないでくださいね。経産省の報告書です。部長クラスの給与を比較すると、日本企業の部長の年収はタイの部長よりも低いことが明らかになりました。しかも昇進もめちゃくちゃ遅い…。12年間の差って、日本は出世が遅すぎる。

こんな状態なら外資に日本の優秀な若手人材が流れていくのも納得ですね。若い人が日本の未来をつくるってことは期待できないですよね…

若い人のあいだでは外資系の金融・コンサル・ITがいまイケてる就職先という認識がすでにあります。

周りの先輩たちを見てても、モテてる男子たちはやっぱりこういうところで働いてる人が多いです。女子もこういうニュースを見て、経済力を計算して、将来の旦那選びにも影響するってことですかね…

日本の国際競争力、過去最低の34位に沈む

30年前、日本の国際競争力は1位でした。しかし今年は過去最低の34位まで転落です。残念ながら、これが我が国の現状と未来です。日本はいつもトップランカーだなんていうのはすでに過去の栄光です。国が豊かだから、日本は強いからなんて認識をいつまでも持っていたら、国と一緒に沈みます。

アジアでは

3位  シンガポール
5位  香港
7位  台湾
17位 中国
27位 韓国
32位 マレーシア
33位 タイ
34位 日本

生産年齢人口が減る…
優秀な人材の外資企業への流出…
円の力が弱い…
国際的な競争力が低下している…

この国の通貨や経済への投資は厳しいです。

あなたならこの状況をみて世界というマーケットのなかで日本に投資したいと考えますか?でも円の資産保有率が高い、円だけを握っているということはそういうことです。

そろそろ、キツくなってきましたか?

も…もうやめてくれ!!

ルルのペット

現実に直面しましょう。目を背けてはいけません。

日本は先進国の座まで危ういと言われてます

世界から見た日本は、異常な財政状況であり、経済成長は見込めないとされています。すぐに沈没しなくてもすでに漏水している状態です。発展途上国から先進国となった先人たちの貯金(頑張り)はもう尽きる…。

日本円しか持たないとか、日本円を持ち続けるリスクを理解しているなら、日本だけで仕事をし続けるのもまた同様にリスクなんですよ。

でもなかなか海外に出て現地企業で働くことは簡単じゃないし、国外の顧客相手にビジネスを始めるってのも大変です。だからこそ投資で越境しないといけないんじゃないかってことです。投資ならあなたでも海は越えられますからね。

安い国、ニッポンの現実

東南アジアやインド・中東から日本の土地が買われまくっています。日本は紛れもなく「安い国」なんです。

逆にいうと、外貨を持っていて、外貨でもらえる給料があれば、日本は物価が安い国なんです。

わたしが保有している外貨や米国株も「円安パワー」でかなりの含み益が出ています。業績が悪くて下がっちゃった個別銘柄もありましたけど、それでも「円安パワー」で利益でてるんですよ。円安時にドル資産をもつメリットを身をもって体験しました。外貨で資産保有している人は守られます。

・円の購買力は半分になった
・円安だから海外に資産があると為替差益がでる

上の切り抜きは1月のニュースですが、このとき1ドル=114円で大騒ぎしてましたよ。それが7月になって140円近くなってます。夏の値上げ間近になってやっと騒ぎはじめました。いや、もっと早くに情報出てたでしょ。こうなることはわかってたはずでしょ?って感じです。この数ヵ月の差で、どれだけ資産を守れましたか?ってことです。

もう手遅れだし、乗り遅れたからいいやって考える人もいそうだよね。

ルルのペット

もっと深刻になりますよ。手遅れだなんてことはありません。なぜなら、

年金は引き下げられ、

税負担は増大する。

昨年の賃金は0.4%減ですよ、所得が増えるどころか減ってるんです。物価よりも賃金が下がり年金支給額も下がる。今は資産形成をしたほうがいい時代ではなくて、しなきゃならん時代です。

貯金が安心なんて時代はもう終わってる

こんな利回りの貯金があれば、株はギャンブルって思うのも仕方ない…。株式投資よりも圧倒的に貯金のほうが賢いと言われた時代。でも、それはとっくの昔の話。今は、まったく違います。

幻想を捨てないと。
幻想を捨てないと。
幻想を捨てないと。

資産を半分でもドルに変えていれば…

たらればの話をすれば、早いうちに日本円を外貨や米国株に換えていれば、多少は防衛できていたはずです。

ちなみに、ここで「そんなにお金持ってないから私は。」と言う人もいるかもしれないけど、お金持ちになりたいならお金持ちと同じ行動をしないと、いつまで経っても変わりませんよ。その思考そのものが貧乏の最たる原因ですからね。

グサッと行っちゃうね。

ルルのペット

そう、わたし、グサグサいきますからね。
特にお金ないとか時間ないと言う人に対しては…。

私も過去はそうでしたから。でも完全な間違いだったのです。思考にブロックかけてるだけです。

「ずっと我慢してきた」とか、身近な人に「自分の欲しいものを持っている人がいる」とか、抑圧された感情のせいで、マインドが曇りに曇っているだけなのです。

感情の交通整理がうまくいかずに自分を貶める方向に走ってしまっただけ。痛みを避けるためにお金がある人の話だと片付けてしまっただけです。

大丈夫。あたらしい概念に出会い、あたらしい言葉を入力しなおせば、心も頭もクリアになり、変われます。それを提供していきますからね、私は。

どんな人でも、マインドシフトで、全て変わります。

投資の技術も、ビジネススキルも、ほんとうに役に立つ知識も、努力できる才能も、すべてこの土台の上に立ちますからね。

自分だけではなく「無」に等しい友人たちも変えてみせましたから、ここまで読んでくれている意識の高いあなたなら、普通に息吸ってるだけで思考のレベルも一段階ずつ上がっていきます。まだルル・ブルー・クリニックは開院したばかりですが、一〇〇段階はレベルアップして差し上げたいと思ってますよ。

そうだ、せっかくなので、 あなたにも
これを共有しましょうか↓

以下の言葉は、シグナルサイン氏(私が投資家になり、こうして偉そうに発信するきっかけになった恩師です)が言っていた言葉になりますが、

見事にお金の真理を突いてます

私はこの言葉をうけて目覚めましたので、あなたがもし、お金持ちの人の話でしょ?と心のどこかで思っているのなら、この言葉をよく理解して、意識を変えてください。(私の言葉に置き換えてお伝えします)

差出人:シグナルサイン

「10万円も、100万円も、1000万円も、ぜんぶ1円の積み重ねだよ。いまそんなにお金がなかったとしても、仮に3%の利回りを出せたら、1円単位に対しての増え方は100万円の人も、1万円の人も同じだからね。同じだけ増えてるんだ。1円という最小単位をも増やそうとしない人は、怠けてるだけ。そんなの投資家のあるべき姿勢ではないよ。

投資家とは『お金の職人』さんなわけだ。金融資産という立派な家を建てる大工さんなわけだ。たった数ミリの釘の打ち方にその人の精神が宿る。つまり1円をどのように扱うかの世界なんだ。木の割れ目をみて建材の目利きをするように、ニュースや情報をくまなく見る。投資においては情報が家(資産)を建てる材料になるからね。そういう世界だよ。いい材料があるのにスルーして通り過ぎるなんてことはしない。1円のゆるみも見逃さない。

だからね、お金がないから何もしない、お金がないから何もできないと思っている人は面倒くさがってるだけ。真の投資家になろうという「志」がない。投資家をまだ理解できていない無知なのかもしれない。

それかお金がないと何もできないという固定観念が外れてない。思考の外に出れていない。
つまりは自分は貧乏で、さらにこれからも貧乏であり続けるって呪いを自分自身にかけているんだ。『お金がないから』という言葉で。」

ハッとする言葉ですよね。

お金は1円単位にバラして考えろというわけです。

そして「お金がない、時間がない」は思考を拘束して、行動に制限をかけるような考えだと言い、「投資家」になるということは1円の材料から組み立てる人たちだと言っています。

お金がある-ないを理由にしていたら、いつまで経ってもお金の理解は深まらないということ。

【お金の理解が=お金持ちの条件】であることは明確ですよね。だから、始めるべきタイミングはまさしく”今”なんですよ。日付が変わるのを待っていてはいけません。待つことになんの意味があるのでしょう。

人生に変化をおこしたいなら”今日から”、たとえいくらのお金であっても、自分ではまだ少ないと思える金額であっても、お金を増やす・守る・動かす投資家になるのだ!ということです。お金がないからお金のことを考えられないっていうのは「完全なる間違い思考」になります。

そしてこの記事でもわかったように、いまは国民全員がお金の運用スキルを身に付けて、投資家になるべき時代です。

今回のパート2では、「あ、自分の身に降りかかっている最中じゃないか」と危機感を持ち、他人事から自分事になったはずです。

  • 危機感がないことに対して人は行動できない
  • “いま”不都合がなければ問題は起きていないと考えてしまう
  • 人はデフォルトとして“何もしない”が設定されている

  ↓↓↓↓↓

もう当事者意識を持っていて「何もしない」が貧困者の考えであることを理解しています。
すでに家計に影響していることを知り、さらに深刻化することも認識できています。

資産形成しないまま日本で生きていくことは…。

もう見て見ぬフリはできないはずです。

先延ばしにする理由もありません。

では何をすればいいの?

カナダの大学の講義でも取り上げられたそうです。

日本の貧困者は、薬物もせず、犯罪者の家族や移民でもない。教育水準が低いわけでもなく、怠惰でもなく、勤勉で労働時間も長いし、スキルが低いわけでもない。

世界的にも例のない
完全なる「政策のミス」による貧困だと。

ゆっくりと沈みゆく日本。そんな中で生きる私たちはどんな対策をすればよいのでしょうか?

その答えを知るために、
今すぐ次のページに進みましょう。

>>次の記事を読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©ルル・ブルー・クリニック,2022All Rights Reserved.